FXコピートレードやイーサリアム投資、カスタムアバターの制作・販売を楽しむ週刊マネタイズマガジン

  1. 投資
  2. 104 view

週間ETH|3年前と1年前と年初からとを俯瞰してみると

短期的には年初からイーサリアムの相場は急上昇していますが、私がイーサリアムに投資を始めた昨年の5月からの経緯を振り返るとずいぶんと損を出しました。これも経験なので授業料だと思っていますが、過去から学ぶべきものもあると、イーサリアムの値動きを過去から振り返ってみました。

3年前からのマクロな値動き

私が始める前に4回ほど40万円を超えた時期がありました。2022年5月に投資を始めた頃は値下がりをしていましたが、すぐに底値になって40万円を超えると予想してのことでした。

投資開始後からの値動き

当初は1ETHが32万円くらいの買値で少額から少しづつ買い始めましたが、予想に反してさらに下落し6月になって底値の15万円ほどに落ち着きました。ここまでに買い増したイーサリアムの平均購入額は約23.5万円となりました。

9月から値動きが止まったので「持っていても意味がない」と感じて、10ETHを19万円ほどで売って、SOXL/SOXSの売買で短期的に儲ける方にシフトしました。これが結果的に大きな損失を生む原因となりましたが・・・

年初からの値動き

11月にFTXの破綻の影響を受けてイーサリアムも大きく下落をしました。さらに、取引所として使っていたコインチェックのニュース記事から悪い予感を感じたので、12月に全額を売ってSOXSを買う資金にしました。

SBI VCトレードに口座を開設して試しに1ETHを約18万円で買いましたが、それ以降はイーサリアムについては静観をしています。SOXSの含み益を売ってイーサリアムを買い増す計画を立てていましたが、SOXSを売る時期を逸してしまい、現在は底値を更新中なので、イーサリアムもそのままの状態で続いています。

そんな中で、2023年の年始めからイーサリアムは急上昇を始めたので、短期的にはSOXSとイーサリアムの両方で機会損失をしてしまいました。

今後の方針

イーサリアムに関しては、長期の資産形成と割り切って、上がっても下がっても「積立投資で買い続け、売らない」を徹底したいと思います。

昨年の損を出した原因は、イーサリアムも短期的な売り買いをしたことにあると考えています。暗号資産の売り買いには高額な売買手数料(スプレッド)がかかるので短期投資で儲けることには向いていません。

積立投資を開始する時期としては、2月の後半あたりで検討中です。それまでにSOXSとイーサリアムの値動きを注視して、SOXSの含み益を売ってイーサリアムを買い増すタイミングを見計らいます。

米国ETF(SOXS/SOXL)とイーサリアムのバランスを取って、投資ポートフォリオにおけるリスクの分散をしていこうかと考えていますが・・・

参考リンク

https://leopalist-vr.com/category/週間イーサリアム >>> LEOPALIST VR へ

関連記事

PAGE TOP