FXコピートレードやイーサリアム投資、カスタムアバターの制作・販売を楽しむ週刊マネタイズマガジン

  1. 投資
  2. 71 view

週刊CPT|MQL5サイトから取引シグナルを購読する

weeklizm.com XMTrading MQL5 取引シグナルをXMStandard MT4に替える

前回はMetaTrader 4 のSignalsタブに表示される取引シグナル「Phoenix2024」を購読しましたが、今回はMT4に表示されない取引シグナル「XMStandard MT4」をMQL5サイトから購読してみたので紹介します。

前回は手持ちのMac miniのXMTrading版MT4で購読できましたが、今回はMQL5からもそれができなかったので、解約していたXserver VPSを再契約して、WindowsのXMTrading版MT4をインストールしてMQL5から購読したところできました。

XMTradingに100%ボーナスが付く範囲の追加の入金をする

XMTradingサイトに行き口座にログインします。

weeklizm.com XMTrading 100%ボーナスが付く範囲で追加の入金をする

今回の100%ボーナスは479ドル66,581円:139円 / ドル)の入金に対して付くので、今回の追加の入金額は67,000円にしました。

100%ボーナスの「入金」をクリック。

weeklizm.com XMTrading VISAデビットカードで入金する

前回と同様に、VISAデビットカードで入金します。VISAの「入金」をクリック。

weeklizm.com XMTrading VISAデビットカードで6.7万円を入金する

67,000円を入力し「入金」をクリックし、画面の指示に従って入金を完了させます。

weeklizm.com XMTrading VISAデビットカードで入金完了

口座情報を確認します。

weeklizm.com XMTrading 口座を確認する

weeklizm.com XMTrading 口座を確認しレバレッジを1:500に変更する

残高:67,000円、クレジット(ボーナス):146,803円、有効証拠金:213,803円となりました。

レバレッジを変更する

今回採用する取引シグナル「XMStandard MT4」のレバレッジは1:500なので、XMTradingのレバレッジ設定もそれに合わせて変更します。

weeklizm.com XMTrading 口座を確認しレバレッジを1:500に変更する

オプションを選択する」メニューから「レバレッジ変更」を選びます。

weeklizm.com XMTrading 口座を確認しレバレッジを1:500に変更する

1:500」を選んで「リクエスト送信」をクリック。

weeklizm.com XMTrading 口座を確認しレバレッジを1:500に変更する

MQL5サイトで従来の取引シグナルの購読を中止する

MT4 シグナル >>> MQL5 サイトへ

weeklizm.com MQL5で前回のシグナルの購読を中止する

私の購読」をクリック。

weeklizm.com MQL5で前回のシグナルの購読を中止する

Phoenix2024」の右側にある歯車メニューを開き「購読解除」を選びます。

weeklizm.com MQL5で前回のシグナルの購読を中止する

購読解除」をクリック。

weeklizm.com MQL5で前回のシグナルの購読を中止する

状態」が「キャンセル済み」に変わり、購読が中止されました。

MQL5サイトで新しい取引シグナルの購読を開始する

XMStandard MT4 >>> MQL5サイト へ

weeklizm.com 新しい取引シグナル「XMStandard MT4」に替える

2023年4月からトレードを開始しているので、運用実績が少なく、今のところ購読者も1名ですが、2ヶ月で110%の成長率は魅力です。

先日のCPIの発表前後でも特に大きな損失を出すことなく推移しているので、Phoenix2024より安心できます。

USDJPYなど3種類のメジャーな通貨ペアのみで高利率、さらに1週間当たりの取引数が26で平均保有時間が6時間なので、FOREX.comでFXに資金を移動させて再開予定のノックアウト・オプションの参考として活用ができそうです。

前回はMetaTrader4の「Signals」タブから購読しましたが、今回はMQL5サイトから行います。

コピー – 30 USD /月 1 USD /日」をクリック。

weeklizm.com 新しい取引シグナル「XMStandard MT4」に替える

MT4のシグナルタブ画面に「XMStandard MT4」シグナルが表示され購読が可能になりました。

左から2番目の「クレジットカード3社」のアイコンをクリック。

weeklizm.com 新しい取引シグナル「XMStandard MT4」に替える

クレジットカード(私の場合はデビットカード)情報を入力し「今すぐ支払う」をクリック。

weeklizm.com 新しい取引シグナル「XMStandard MT4」に替える

私の場合はマスターカードを使いましたが、JCBなどの国内カードも使えます。

コピートレードを有効化する

weeklizm.com 新しい取引シグナル「XMStandard MT4」を有効化する

MT4のトップメニューから「ツール > オプション」を選び、シグナルタブを開きます。

デフォールトで上記のような設定になっていたので「OK」をクリック。

weeklizm.com 新しい取引シグナル「XMStandard MT4」を有効化する

今回はXserver VPS上のMetaTrader 4で購読しているので、「MetaTrader VPSを有効にする」は不要です。

自動的にエントリーされるのを確認する

weeklizm.com 新しい取引シグナルで自動的にエントリーされるのを確認する

取引」タブで、自動的に2件のエントリーがされたので、コピートレードが正常に機能していることを確認できました。

まとめ

前回の「Phoenix2024」シグナルで大きな損失を出したので、購読を中止し、新しい「XMStandard MT4」シグナルに変更することにし、今回はMQL5から購読する方法を紹介しています。

このシグナルは前回と比べるとエントリー回数が少ないので、1週間ほど様子を観てから状況をレポートしたいと思います。

参考リンク

週刊CPT|損益マイナスで取引シグナルを替える >>>

自動売買|Xserver VPS for Windowsリモートデスクトップを開始する >>>

XMTrading|FXコピートレードを始める|前編 >>>

関連記事

PAGE TOP